屋形船に乗りながら花火を鑑賞しよう

花火シーズンに利用してみよう

夏休みの花火シーズンになると毎年どこでゆっくりと花火を鑑賞しようか迷います。
ネットで有名な穴場スポットなども抑えられていますし、また花火をゆっくりと鑑賞できるホテルやレストランは花火に時期になると高額なコースを設けていることもあります。
それに花火鑑賞において困ることは、大勢の人に揉まれながら鑑賞したり、帰り道も大勢の人に巻き込まれて何時間も会場周辺をさまよったりと花火を鑑賞するだけで様々な覚悟が必要となります。

来年からは優雅に屋形船から花火鑑賞をされてはいかがでしょうか?船の上でしたら、席も確保されていますし、それに美味しい食事を頂きながら鑑賞できます。

屋形船をお探しなら芝浦石川がオススメです!

満足できる鑑賞スポット

川沿いで開催される花火大会において一番綺麗に見える場所は河川敷です。
先ほど述べましたが河川敷には大勢の観客がいますので、ゆっくりと鑑賞が困難になります。
それに人の頭で見えなかったり、場所によって花火が小さく見えることもあります。
屋形船から見える花火は非常にダイナミックです。
しかも規模が大きな花火大会であれば、最初から最後までダイナミックで美しい花火をまるで独り占めできるかのように鑑賞できます。

また船は河川を自由自在に移動できるので、花火が見える絶景ポイントで満足に鑑賞することができます。

美味しいお食事と共に

そして屋形船で鑑賞する花火の楽しみは食事にもあります。
船で頂く食事はかなり簡素な食事だと言うイメージがありますが、近年食事においてはかなり力を入れています。

オーソドックスな松花堂弁当だけではなく、お寿司やお刺身の盛り合わせ、揚げたての天ぷらなどを振る舞ってくれます。
船上ではありますが、料亭並みの美味しい出来立ての料理を振る舞ってくれるので、味には満足していただくことができます。
美味しい料理を頂きながら、美しい花火を鑑賞できるのは、最高の時間の過ごし方です。

知りたい大きなメリット

そして花火大会の際、屋形船を利用するメリットがまだあります。
それは混雑を徹底的に回避できることです。
通常、花火を鑑賞する際は開催地から近い最寄駅を利用しますが、言うまでもなく大変混雑します。

船に乗る場合は、他の船との混雑を避けるために開催の数時間前に乗船するケースが多いです。
乗船してから開催まで船内で飲食を楽しみながら待つことができます。
帰り路においても、混雑を避けるため余裕を持って船を出し、最寄り駅から少し離れた場所でお客様を降ろしますので混雑知らずで家路へつくことができます。

船内で暇な時間はございません

乗船時間においても5時間以上になりますが、船内では様々な楽しみがあります。
カラオケやゲームを楽しんだり、デッキへでて景色を楽しんでもらうこともできます。
花火以外にも船内ではアミューズメントが充実しているので、飽きることなく過ごしてもらうことができます。

適している客層について

そして船での花火鑑賞に向いている客層はかなり幅広いです。
小さなお子様連れのファミリー層、カップル、高齢者のグループなどに楽しく利用して頂くことができます。
特に小さなお子様連れの場合は船で見ていただく方が最善です。

小さな子供を連れて花火会場まで出向くのはかなり大変ですし、怪我や迷子等の危険が付きまといます。
個人のスペースがある程度確保されている船内でしたら、人ゴミを避けて、ゆっくりと食事と花火を鑑賞してもらうことができます。

気軽に参加して、ゆとりを持って鑑賞できる

一見、屋形船で花火鑑賞を楽しむのはお金持ちのセレブが行うことだと思われがちですが、最近では良心的な価格プランを設けているので、気軽に利用して頂けます。
それに最大のメリットは、人ゴミを避け、大輪の花火を独り占めするかのように鑑賞できることです。
今まで人ゴミが苦手で花火鑑賞をするのが億劫だったと悩んでいた人も、この機会に乗船してみませんか?